緊急!インフルエンザ予防対策!発症率を10分の1にする驚きの方法

猛威を奮うインフルエンザ
ただの風邪と違って症状も重く
学校や職場に行けず辛い期間

なんとか罹らないで過ごしたい。
みなさん思いますよね。

ecfcc59fcf6fa9776f0d77b93caba37c_s

予防接種をやったとしても
罹る人は罹ってしまう
インフルエンザ

予防といえば
手洗い、うがい、マスク・・・
色々あるけれども、

「何か画期的な良い予防法はないの?」

ありました!

インフルエンザの発症率を
なんと10分の1にする
予防方法があります。

その方法とは・・・

口腔ケアでインフルエンザ予防

6b6e030c7bb2f7a753033bab79d630a9_s

なんと口腔ケアでインフルエンザ予防ができるんです。

口腔ケアと言うと難しく思うかもしれませんが、
要はハミガキのことです。

なぜ歯磨きによってインフルエンザに
罹りにくくなるんでしょうか?

口腔ケアで予防の仕組み

8beaead27c4b2964f5015b0f826bf43f_s

インフルエンザウイルスは喉などの粘膜から
体内に侵入していきます。

いつもは喉は常にタンパク質の膜で
覆われてカバーされていまが、

お口の中の細菌が多いと
細菌が出す毒素によって粘膜のカバーが
破れやすくなってしまうのです。

鼻からのどにかけての粘膜はタンパク質の膜で覆われているため、ウイルスはなかなかくっつくことができません。ところが口の中の細菌が出す「プロテアーゼ」という酵素が膜を破壊することで、ウイルスがくっつき、細胞内に侵入できるようになると考えられるのです。

緊急生放送! インフルエンザ最新対策-ためしてガッテン

高齢者施設での予防効果

4f4d47a1e3a6188102757c54dc838060_s

実際に高齢者施設で
専門的な口腔ケアを行ったグループと
それ以外のグループで
インフルエンザの発症率を
比較した研究があります。

その結果はなんと
専門的な口腔ケアを行ったグループは
それ以外のグループに比べて
発症率を10分の1にすることができた
という研究結果になりました。

「口腔ケア群」においてはウイルスの感染や増殖に重要な役割を持つノイラミニダーゼやプロテアーゼ活性の有意な低下が確認され、インフルエンザ発症者は1名でした。また「対照群」では、インフルエンザ発症者は9名でした。

口腔ケアによる気道感染予防

b3b9b613845b21dabdcaacd67bb56ea3

口腔ケアを行っただけで、
発症率を10分の1にできるというのは
すごいデータですね。

口腔ケアの方法

11275754_879327575447972_927001880_n

そんな特殊なことはしなくていいです。
歯ブラシを使って歯磨きをするだけです。

いつもより丁寧に
歯の歯の間に毛先が入っていることを
意識して磨きましょう。

歯磨きをするだけで、
口の中の細菌をかなりの数
減らすことができます。

効率のよい歯磨き方法はこちら
その他口腔ケアの方法はこちら

まとめ

今回はインフルエンザの予防法の
ひとつである口腔ケアについて
まとめていきました。

常日頃から口の中を綺麗にしていくことは、
インフルエンザだけでなく、肺炎など
他の病気の発症予防にもつながります。

感染の窓のキーはお口です!

歯は綺麗ですか?
舌は綺麗ですか?
鏡を見て確認してみましょう。

インフルエンザと口腔ケアについて
学んだことによりあなたのデンタルIQ
上がりましたね。

デンタルIQをあげて
素敵な笑顔と健康を手に入れましょう。

The following two tabs change content below.

杉田 大

職業:歯科医師 趣味:バレーボール  大学卒業後診療を続けていく中で、 もっと広く口の中の知識を広めたいとDental IQ Salonを立ち上げる。 知ってて欲しい歯の知識を分かりやすく解説。 デンタルIQを上げて素敵な笑顔と健康を手に入れる記事を執筆中。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ