あなたは大丈夫?虫歯ゼロへ!フッ素歯磨き粉の正しい使い方

「フッ素で虫歯予防!」

6b6e030c7bb2f7a753033bab79d630a9_s

こういったフレーズを
よく耳にしますよね。

フッ素入り歯磨き粉で
しっかり磨けば
虫歯は絶対出来ない。

そう思っていませんか?

確かにフッ素入り歯磨き粉は
虫歯予防に効果的です。

しかし

正しい使い方をしなければ
使っていないのと同じように
虫歯になってしまいます。

虫歯の痛みは嫌ですよね。

自分はもちろん嫌ですし、
自分の子どもにも歯の悩みを
抱えてほしくないですよね。

歯1本1本隅々までフッ素の
効果を行き渡らせる正しい
その方法とは

虫歯のでき方

1f2dde0da9d6db62c0913f27f508101b_s

歯の表面についた虫歯菌は
食べかすを利用し、酸を作ります。

その酸が歯を溶かしていきます。(脱灰)

それをそのまま放置すると
だんだん穴が開いてきて
次第にシミたり痛みに
なってしまうわけです。

フッ素の効果

f0f1f4e94fa3c061309071ebc74f0790_s

フッ素は歯の表面につくと
歯の中に取り込まれいきます。

それにより虫歯菌が出す酸に強くし
歯を強化してくれます。

なので、

フッ素が歯の表面にいる時間が長く
しかも高濃度であることが、
虫歯菌から歯を守る一番の方法です。

正しい使い方の重要な3つのこと

①歯の表面に届ける・とどまらせる
②高濃度の歯磨き粉を使う
③効果が出る量を使う

この3つが効率よくフッ素を使った
虫歯予防をするためのポイントです。

①歯の表面に届ける・とどまらせる

みなさんよくやってしまう、
とってももったいないことがあります。

それは、

歯磨き後、大量の水で何回も
口をゆすいでしまうことです。

5c84446fbdafa9669941c02679003c03_s

せっかくフッ素が歯の表面についたのに
歯を強くする前に、水で流されてしまいます。

これでは効果が十分に発揮出来ないので
大さじ1杯ほどの水で1回だけすすぐのが
推奨されています。

「そんな少ない量じゃ歯磨き粉の味が
口に残って気持ち悪いよ」とよく言われます。

しかし、それは今使っている
歯磨き粉の味や刺激が強すぎるため
低刺激なものに変えてみることを
おすすめします。
ついに見つかった!これで大丈夫!あなたにピッタリな歯磨き粉

私のおすすめはこの2本
↓↓

これなら少ないお水でも
味が残らないので使いやすいです。

あと歯磨き中に溜まった唾を
ペッと吐き出さないようにしましょう。

これも唾と一緒にフッ素が
出て行ってしまって濃度が薄くなるのを
避けるためです。

寝る前に歯磨きをすると
寝てる間は唾液の量が少なくなるため
フッ素が唾液で流されずに
とどまりやすくなります。

②高濃度の歯磨き粉を使う

文献的には500ppm以下
濃度の薄いものは
効果の有効性が示されていません。

日本の薬事法では1000ppm以下に
規定されているため、
900~1000ppmものを
選ぶとよいでしょう。

014

歯磨き粉は唾液によって
急激に濃度が減少するため

磨く順番を虫歯になりやすい
奥歯から磨くとフッ素濃度を高く
出来ます。

歯磨き粉を使うとき
通常始めに1回つけたものを
お口の中に広げますが、

LFD法というものがあって
虫歯のリスクが高いところを磨くときに
その都度歯磨き粉を付け直すという
方法もあります。

③効果が出る量を使う

10歳以上では1グラムの量が有効です。

逆にこれ以下の量だと
歯とフッ素が反応するだけの
濃度が保てません。

1グラムの歯磨き粉とは
毛幅2㎝の歯ブラシの
3分の2程度になります。

29b9e086fa94096c278d000e4d831a73_s

まとめ

理想的な歯磨き粉の使い方を
おさらいすると。

・必ず寝る前には歯磨きを行う
・歯磨き粉のフッ素が高濃度のものを選択
・歯磨き粉の量は1グラム
・奥歯の虫歯になりやすいとこから磨く
・歯磨き粉を途中で追加してもよい
・歯磨き中溜まった唾をはかない
・磨いたあとは少量の水(15cc)でゆすぐ

このことを今日から実践してみましょう。

フッ素の効果が発揮され
歯を強くし虫歯になりにくく
してくれます。

デンタルIQをあげて
素敵な笑顔と健康を
手に入れましょう。

※このページのフッ素は学術的には
全てフッ化物のことをさしています。

The following two tabs change content below.
杉田 大

杉田 大

職業:歯科医師 趣味:バレーボール  大学卒業後診療を続けていく中で、 もっと広く口の中の知識を広めたいとDental IQ Salonを立ち上げる。 知ってて欲しい歯の知識を分かりやすく解説。 デンタルIQを上げて素敵な笑顔と健康を手に入れる記事を執筆中。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ