今日からできるいびき対策!うるさいいびきの原因はコレだった。

2036e071c5a01c4c48908cad0dd399c8_s

いびきかいてたよ。」

こんな風に言われたことありませんか?

いびきって自分で意識しないもの、知らぬ間に周りの人に迷惑をかけているかもしれません。

それはイヤですよね。

今回はいびきの原因と対処法、そして怖いいびきについてまとめました。

いびきの原因

寝ている時何らかの原因で気道が狭くなることにより、そこを通り抜ける空気が粘膜を振動させ音が出ます。
 
気道を狭くしてしまう何らかの原因とは何があるのでしょうか? 

①鼻で呼吸していない

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s

口を開けると首周りの中の筋肉が後ろにいきます。そうすると気道が狭くなっていびきをかいてしまいます。
 
・鼻が詰まっている
・扁桃腺が肥大している
・アデノイドが肥大している
 
これらを持っている人は口呼吸をどうしてもしやすくなってしまいます。

②肥満

77ef0190a3e023a8726897ca9cddb503_s

肥満の人の特徴としては、筋肉量が少なく脂肪が多い。言わずもがなのところがありますが、これを首周りで考えてみると
 
首周りの支える筋肉が少なく、脂肪が空間を圧迫している状態になりますから、気道が狭くなりいびきをかいてしまいます。 

③過労とストレス

2df1b4c059904e1211001b5d23c14f25_s

過労やストレスは寝るときに酸素必要量が上がり呼吸量が増えること、そして筋肉が緩みやすくなるということがあげられます。
 
それにより普段はいびきをかかなくても大きないびきをかく原因になってしまいます。

④寝る前のアルコール

16d459ecd5a57b85a050e42aa3f10bb7_s

アルコールには筋肉を緩ませる作用と鼻を詰まりやすくする作用があるので、これも気道を狭くしてしまう原因になってしまいます。

寝酒はほどほどにしましょう。

⑤睡眠薬

3881039fa0ce94a40b575f99647f2c1f_s

ベンゾジアゼピン系は心を落ち着ける作用がある睡眠薬ですが、筋肉を緩ませる作用も同時に持っているので、これも気道を狭める原因になってしまいます。

⑥身体の特徴

いびきをしやすい身体の特徴がいくつかあります。

・舌が大きい
・あごが小さい
・首が短く太い

これらの特徴は気道が狭まりやすいため、どうしてもいびきをかきやすいです。

それではお待ちかねの対処法についてやっていきます。

すぐにできるいびきの対処法

①鼻呼吸にする

鼻炎や鼻中隔湾曲症やアデノイド肥大などの鼻呼吸しにくい状態はまずは耳鼻科へ

そうでなければ口に軽く支える程度のテープを貼って寝てみましょう。口呼吸の癖がついてしまっている人はそれを治すきっかけになります。

口呼吸はいびきだけでなく色々な悪い点があります。
風邪をひきやすくなったり、
歯ぐきが腫れやすくなったり、
虫歯になりやすくなったり、
歯並びが悪くなったり、、、、

歯医者からしても鼻呼吸をおすすめします。

②ダイエット

6694c186222c3221b40fd00a82cc2596_s

これがすぐできたら苦労しないよ。。。と思うかもしれませんが、
すいません。
これが肥満の方への一番のアドバイスなんです。

首周りはどうしても痩せにくいところ、二重あごを見られるのはとっても恥ずかしい。

そんなあなたにとっておきの方法があります。

あとの対処法にも関わる点なのですがこちらの記事をどうぞ
初期投資0!食事制限なし!歯科医が勧める噛むダイエット法

③首周りのストレッチ

f888835579d6cdfdc18276d20b49c98f_s

首周りのリンパの流れを良くして筋肉をつけるのがいびき対策には効果的です。

これはほうれい線撃退の為に書いた記事なのですが、舌の運動は首周りも引き締められるので参考に載せておきます。
知っ得!初期投資0!今日からできるほうれい線対策

④よく噛んで食べる

d09745895beeca59872350efc058a7c8_s

噛むことでどんな効果があるかというと、まず噛むということは咀嚼筋という頭部に付いている大きな筋肉を動かすことになります。

足で置き換えて考えてみると、良く歩く人とあまり歩かない人、どちらの足が引き締まって綺麗でしょうか?

答えはみなさんわかりますよね。

毎日行うことですから習慣で大きく変わっていきます。よく噛んで食べるということはとても大切なことです。

子どもの時からよく噛むことであごが成長を促すので、いびきをしやすい身体の特徴である「あごが小さい」というのを予防することができます。

自分やパートナーのいびきで困っている場合は子どもにはせめてよく噛むように教えてあげてください。

⑤アルコールは控えめに

76b672c09d676d20a90e7e8b943d25ea_s

晩酌は良いものです。私もお酒が好きなので気持ちはよくわかります。

ただし、アルコールによって、睡眠の質が落ちてしまうという欠点がありますので、あまり連日は控えたほうがいいと思います。寝る前のお酒はほどほどに、

 

これらの対処法でも全く改善しない場合、それっ!怖い病気かもしれません。

怖いいびきとは

日中に耐えられない眠気に連日おそわれたり、
集中力落ちたり、
熟睡感が得られなかったり、
起きた時頭痛がしたり、

そういったことはありませんか?

大きいいびきをかく方でこういった症状がある方は、もしかしたら「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に何度か呼吸が止まってしまう病気です。

数秒から十数秒間の間呼吸が止まってしまうため、脳に負荷がかかってしまい寝ている間に脳と身体が疲れてしまうという特徴があります。

睡眠時無呼吸症候群は自分では気づきにくいものなので、専門機関を受診して検査を受けましょう。

歯科では、睡眠時無呼吸に対するスプリント治療(マウスピース)を行うことができます。

まとめ

生活習慣を変えればいびきは防止できることがわかりましたね。ただ、睡眠時無呼吸症候群は早めの治療をおすすめします。

まずは今日の食事からよく噛むことを試してみましょう。みなさん良い睡眠ライフを。

いびきの原因と対処法を学んであなたのデンタルIQがあがりましたね。

デンタルIQをあげて素敵な笑顔と健康を手に入れましょう。

The following two tabs change content below.
杉田 大

杉田 大

職業:歯科医師 趣味:バレーボール  大学卒業後診療を続けていく中で、 もっと広く口の中の知識を広めたいとDental IQ Salonを立ち上げる。 知ってて欲しい歯の知識を分かりやすく解説。 デンタルIQを上げて素敵な笑顔と健康を手に入れる記事を執筆中。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ